大府

常滑

安城

保険クリニック

訪問相談

訪問可能エリア
名古屋市・東海市・大府市・常滑市・半田市・知多市・知多郡東浦町・知多郡阿久比町・知多郡武豊町・豊明市・日進市・長久手市・愛知郡東郷町・愛西市・弥富市・豊田市・刈谷市・知立市・みよし市・碧南市・高浜市・安城市など

出産したときの保険の選び方

子どもの将来のための教育資金積み立て

小さいお子様のいる夫婦

お子さまの誕生はライフステージにおいて、準備するべき必要保障額が一番、多くなる時期です。
お子さまの教育資金もそうですが、“もしも”の備えも重要になります。
限られた予算の中で、“もしも”の保障と教育費用の準備を効果的にすることが必要です。

出産したときの保障の考え方
・子どもが独立するまでの期間は、親の死亡保障を確保する必要があります。
・教育費がどのくらいかかるのかの確認も必要です。
・子どもが入院した場合の保障を準備しておきましょう。

ここがポイント

おすすめする保険

子どもの将来のために教育資金を計画的に積み立てされてはいかがでしょう。
保険で備えるメリットは教育資金を貯めながら、養育者の万が一にも対応出る点です。
特に大学や専門学校、留学など一時的に大きなお金が必要になる場合、早めの準備が大切です。
家族の生活保障としての保険金額はライフプランを作成させて頂き、必要保証額を確認しましょう。

保険選びのポイント 保険の種類
親の死亡保障の確保 定期保険(平準型、更新型)、収入保障保険、
終身保険(円建、外貨建)など
教育資金の積み立て等 学資保険、こども保険、
終身保険(低解約返戻金型、積立利率変動型)、変額保険など

※商品によっては、主に、以下の費用とリスクがあります。ご負担いただく費用やその料率およびリスクの内容は、商品によって異なりますので、詳しくは各商品の「パンフレット」「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」などでご確認ください。商品によっては、主に①保険関係費用(保険契約の締結・維持に必要な費用および死亡保障などに必要な費用)、②運用関係費用(投資信託の信託報酬や信託事務の諸費用など、特別勘定の運用により発生する費用)、③解約控除(解約時や減額時などに、経過年月数に応じて積立金額などから控除する費用)をご負担いただきます。上記に加え、外貨建保険については、通貨交換時に為替手数料をご負担いただきます。また、外貨によりお払込みまたはお受取りいただく際は、金融機関所定の手数料(リフティングチャージなど)をご負担いただく 場合があります。ご負担いただく費用の合計額は、上記を足し合わせた金額となります。また、商品によっては、価格変動リスクがあり、変額保険など、国内外の株式・債券などで運用を行い、その運用実績に応じて積立金額などが増減する商品では、株価や債券価格、為替の変動などにより、積立金額や将来の年金額、解約返戻金額などが既払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。商品によっては、為替リスクがあり、外貨建の商品では、為替レートの変動により、受取時 における保険金の円換算額が、契約時における保険金の円換算額や既払込保険料の円換算額を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。商品によっては、金利変動リスクがあり、運用対象となっている資産(債券など)の市場金利に応じた価値を解約返戻金に反映させるしくみになっているため、解約時の市場金利の変動によっては、解約返戻金が減少し、既払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。

その他のライフステージ別の保険の考え方

ライフステージの変化は、保険の加入や見直しのタイミングです。その時々で必要な保険や、備えておくべき保障・保険金額が変わってきます。
今のライフステージで必要な保障は何ですか?必要な保険の種類を探してみましょう。

※商品によっては、主に、以下の費用とリスクがあります。ご負担いただく費用やその料率およびリスクの内容は、商品によって異なりますので、詳しくは各商品の「パンフレット」「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」などでご確認ください。商品によっては、主に①保険関係費用(保険契約の締結・維持に必要な費用および死亡保障などに必要な費用)、②運用関係費用(投資信託の信託報酬や信託事務の諸費用など、特別勘定の運用により発生する費用)、③解約控除(解約時や減額時などに、経過年月数に応じて積立金額などから控除する費用)をご負担いただきます。上記に加え、外貨建保険については、通貨交換時に為替手数料をご負担いただきます。また、外貨によりお払込みまたはお受取りいただく際は、金融機関所定の手数料(リフティングチャージなど)をご負担いただく 場合があります。ご負担いただく費用の合計額は、上記を足し合わせた金額となります。また、商品によっては、価格変動リスクがあり、変額保険など、国内外の株式・債券などで運用を行い、その運用実績に応じて積立金額などが増減する商品では、株価や債券価格、為替の変動などにより、積立金額や将来の年金額、解約返戻金額などが既払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。商品によっては、為替リスクがあり、外貨建の商品では、為替レートの変動により、受取時 における保険金の円換算額が、契約時における保険金の円換算額や既払込保険料の円換算額を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。商品によっては、金利変動リスクがあり、運用対象となっている資産(債券など)の市場金利に応じた価値を解約返戻金に反映させるしくみになっているため、解約時の市場金利の変動によっては、解約返戻金が減少し、既払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。